オリンピックへの道BACK NUMBER

ソチ五輪5位から、世界選手権で6位。
カーリング女子が強調する“収穫”。 

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph byAFLO

posted2015/03/29 10:35

ソチ五輪5位から、世界選手権で6位。カーリング女子が強調する“収穫”。<Number Web> photograph by AFLO

左から小笠原歩、近江谷杏菜、小野寺佳歩、吉村紗也香。2011年に再結成された「フォルティウス」の名前は、小笠原歩が所属した「チーム青森」の原点となるチームに由来する。

世界選手権経由、平昌五輪行き。

 ソチ五輪に出場したフォルティウスだが、オリンピックの世界最終予選など厳しい大会も経験したものの世界選手権出場はなかった。その点を考えても、今回の出場そのものに意義がある。

 加入したメンバーも成長を見せ、チームとしてのポテンシャルも示すことができた1年目。

「今回、初めての世界大会でちょっとミスもしたけれど、力を出し切れました。3年後に向けて1年1年、頑張っていきたいです」(吉村)

「最終的な目標はオリンピックですが、日本選手権、パシフィック選手権、大きな大会で力を出せるようになって最終的にオリンピックにつながれば」(小野寺)

「来年も必ず世界選手権で戦って、今回取りこぼした星をひとつでも多くとりたいです」(近江谷)

 そして、小笠原。

「こういう舞台で戦えた経験は必ず、生きてくると思います。いきなりオリンピックではなく、毎年世界選手権の舞台で戦うことが大事なことです。この舞台に戻ってきたいですし、来年以降はオリンピック出場のためのポイントも取るのが大事になります。しっかりポイントを勝ち取って、3年後、目指していきたいです」

 世界選手権を経て、彼女たちは3年後の平昌五輪へと進んでいく。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

小笠原歩
近江谷杏菜
小野寺佳歩
吉村紗也香
北海道銀行フォルティウス
平昌五輪
オリンピック・パラリンピック

冬季スポーツの前後のコラム

ページトップ