フィギュアスケート、氷上の華BACK NUMBER

ソチ女王ソトニコワ不在に想う……。
十代で消えたフィギュア五輪王者達。 

text by

田村明子

田村明子Akiko Tamura

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2015/03/25 10:45

ソチ女王ソトニコワ不在に想う……。十代で消えたフィギュア五輪王者達。<Number Web> photograph by Getty Images

左から、ソチ五輪銀メダルのキム・ヨナ、金メダルのソトニコワ、銅メダルのコストナー。ソチ五輪当時はそれぞれ、23歳、17歳、27歳だった。

実力者揃いの女子フィギュア界、これからの3年間。

 一方、ソトニコワが来季、怪我を治して試合に戻ってくるかどうかはまだわからない。だが万が一彼女が引退したとしても、現在のところISUは才能あるティーネイジャーには、不自由していないようだ。

 ロシアからエリザベータ・トゥクタミシェワ、エレナ・ラジオノワ、アンナ・ポゴリラヤ。そして後半でこそ調子を崩したが、ユリア・リプニツカヤもいずれ復活するだろうし、さらにはジュニアの世界メダリストたちも控えている。

 アメリカのグレイシー・ゴールド、日本の宮原知子らもこれから平昌五輪までの3年間、さらに実力を上げてキャリアを築いていくことだろう。

 その意味では、現在はトリノ五輪が終わった後の4年間に状況が似ている。荒川、スルツカヤらのベテランたちが姿を消して、少しの差で五輪に出られなかった浅田真央、キム・ヨナたちが代わってシニアの表彰台に上がるようになった、バンクーバー五輪までの、あの4年間である。若い才能が少しずつベテランらしさを身につけて花開いていくのを観戦するのは、とてもエキサイティングなプロセスだった。

 平昌五輪が来る頃には、今の若手選手たちはいずれもしっかり経験を積んで、五輪チャンピオンに相応しいスケーターに育っているに違いない。

関連記事

BACK 1 2 3
カロリナ・コストナー
エリザベータ・トゥクタミシェワ
エレナ・ラジオノワ
アシュリー・ワグナー
グレイシー・ゴールド
ポリーナ・エドモンズ
羽生結弦
アデリナ・ソトニコワ
平昌五輪
オリンピック・パラリンピック

フィギュアスケートの前後の記事

ページトップ