SCORE CARDBACK NUMBER

鯉の“エース”黒田の立ち居振る舞いを見よ。
~マウンドで醸し出す独特のオーラ~ 

text by

石田雄太

石田雄太Yuta Ishida

PROFILE

photograph byTadashi Shirasawa

posted2015/03/20 10:00

鯉の“エース”黒田の立ち居振る舞いを見よ。~マウンドで醸し出す独特のオーラ~<Number Web> photograph by Tadashi Shirasawa

順当に行けば開幕3戦目、3月29日のヤクルト戦(マツダスタジアム)での先発登板が決定的。

 広島に黒田博樹が帰ってきた。3月8日、オープン戦の初登板を迎えたバリバリのメジャーリーガーは、5回ワンアウトまで、打者13人をすべてアウトに取った。まるでボクシングの如く軽快なテンポで効果的なパンチを繰り出し、1ラウンドを3分ずつで片づけていく。

 5回途中までに費やしたのは16分15秒、投げたのは39球。自在にボールを操った黒田は、一人あたり3球で13のアウトを積み重ねた。試合後、黒田は言った。

「どんどんストライクゾーンで勝負していって、バッターにプレッシャーを掛けていければいいかなと思ってました」

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 671文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

<創刊35周年記念号>日本サッカーへの提言。

関連記事

黒田博樹
広島東洋カープ

プロ野球の前後の記事

ページトップ