メルマガNumberダイジェストBACK NUMBER

アンジャッシュ渡部建が語るセンバツ。
「好カード満載、勝つのは……」 

text by

渡部建

渡部建Ken Watabe

PROFILE

photograph byProduction JINRIKISHA

posted2015/03/17 17:00

アンジャッシュ渡部建が語るセンバツ。「好カード満載、勝つのは……」<Number Web> photograph by Production JINRIKISHA

「アンジャッシュ渡部建の『濃厚野球汁』」、配信は隔週金曜日の予定です。

一昨年と昨年の優勝校がいきなり激突するCブロック。

――そして、Cブロックです。

渡部:うわぁ……。一昨年のチャンピオン浦和学院と去年の優勝校の龍谷大平安がいきなり激突ですよ! 1回戦屈指の好カードでしょうね、間違いなく。

 個人的にもね、すごく楽しみな試合ですよ、この一戦は。浦和学院にはエースの江口(奨理)君、小倉(匡祐)君の左ピッチャー。平安にも、エースの高橋(奎二)君、元氏(玲仁)君っていう、去年の甲子園を経験している絶対的な左の二枚看板がいますからね。エースが投げきるのか? それとも継投の妙で勝負していくのか? 大変な試合になりそうな予感ですよ。

――Cブロックには話題のピッチャーもいます。

渡部:県岐阜商の高橋(純平)君! 練習試合が解禁された8日の試合で、いきなり自己最速タイの152kmを出したみたいですよね。「ドラフト1位候補」と呼ばれているピッチャーですから楽しみですよ。

――阪神が早くも……。

渡部:ええ、まあ……。それはそれとして、順当に勝ち上がれば、ベスト8で浦学か平安と当たる可能性が高いわけですよ。強豪校を相手にいいピッチングをすれば、スカウトの株もさらに高くなるでしょうね。

――その前に、“ガチムチ軍団”近江と2回戦で当たるかもしれませんよ。

渡部:おお、そうだった。身体能力ナンバーワンの近江。だからね、ほんと、気が抜けないですよね。

実力校ぞろいのDブロック、注目は東京代表!?

――Dブロックはどうでしょう?

渡部:ここも実力校ぞろいですよね。近畿チャンピオンの天理がいるし、初戦で当たる糸満だって九州2位ですよね。しかも沖縄は、冬場でもボールを使った練習ができるんで春は有利だと言われているし、現に沖縄尚学や興南が優勝していますからね。面白い試合になると思いますよ。

 その次の試合に出る健高(健大高崎)もね、去年の夏に盛り上げた“機動破壊”は健在でしょうし、戦いぶりに注目ですよね。

――渡部さん注目の二松学舎大付属の初戦は、正岡子規の松山東です。「ごっつぁんです」って感じですかね?

渡部:どうなんでしょうねぇ。力関係で言えば二松学舎が有利なんでしょうけど、ほんと、甲子園は試合が動くんでね。個人的には勝ってほしいですけど、何とも言えないところではありますよ。

――しかし、こうも好カードが揃うと、ほんとチームは大変ですよね。

渡部:初日に試合がある高校は特にそうなんですけど、強豪校と対戦するということは、コンディションのピークをここにもっていかなければならないということですよね。そういう大変さがあると思うんですよ。だから、体力とかの消耗はいつも以上だと思うし、そうなると、ノーマークの高校が意外とするするっと勝ち上がってきそうな感じもしますし。いや、ほんとどこが勝ち上がってくるかわからない!

――春の連覇ってあるんですか?

渡部:多分。PL学園以来だと思います。1981年と82年。30年以上も連覇がないんですねぇ。平安にはチャンスがあるわけですけど、初戦が浦学ですからね。やったらすごいけど、厳しいだろうなぁ……。

関連記事

BACK 1 2
渡部建

高校野球の前後の記事

ページトップ