JリーグPRESSBACK NUMBER

211日ぶり復帰の山口蛍が語る、
C大阪が失った自信を取り戻す兆し。 

text by

佐藤俊

佐藤俊Shun Sato

PROFILE

photograph byJun Tsukida/AFLO

posted2015/03/09 12:20

211日ぶり復帰の山口蛍が語る、C大阪が失った自信を取り戻す兆し。<Number Web> photograph by Jun Tsukida/AFLO

山口にとって、90分間フルに戦えたことは大きな自信になったはず。「10人でも攻撃の姿勢は見せられた」「サポーターが大勢来てくれて、それが力になりました」とコメントした。

「自分のプレーの幅を広げるにはすごくいいと思うんで」

 ヴェルディ戦では、インサイドハーフには扇原貴宏、関口が入った。最終ラインでボール回しがうまくいかない時は、DFの間に入ってボールを回すなど状況に応じてプレーをしていた。まだ、アンカーを始めて1カ月足らずだがそつなくこなしていた。

「でも、攻撃が少ないんでね。監督に『そこ(中盤の底)にズッといろ』とか言われているわけじゃないから、チャンスがあれば前に行きたいんですけど、インサイドハーフの2人がかなり前に行くんで難しい。ただ、周囲との連携がうまく取れるようになって、例えば俺が前に出た時はタカ(扇原)が後に下がるとかがスムーズにできるようになると前にいく回数も増えてくる。それは時間が解決してくれるかなと思う。

 あと、相手の時間帯になった時、自分が受けて散らしてチームを落ち着かせる時間やゲームを作ることをもっとやっていきたいし、守備の部分でもサイドバックが上がったカバーをしっかりやりたい。そうして、アンカーを突き詰めたいですね。自分のプレーの幅を広げるにはすごくいいと思うんで」

開幕戦で見えた、失った自信を取り戻す兆し。

 インサイドハーフとの意志疎通、最終ラインとの守備の連携、前線3人を含めた攻撃のコンビネーションの確立など、セレッソらしい躍動感のある攻守を構築するには、まだ時間が必要だろう。試合も昨年多くの試合がそうだったように先制され、後手を踏んだ。だが、「まだ1試合、悲観することはない」と山口が言うように、負けなかったことをポジティブにとらえていい。

「昨年は、先制されたら0-1のまま負けていた試合が多かった。そういう意味では追い付いて、逆転して勝つチャンスがあったし、そういう気持ちを見せられたのは昨年と違うところやと思う」

 昨年、チームが失った自信を取り戻す兆しが見えた。また、懸念していた膝も状態は上がっているようだ。ヴェルディ戦では宮崎合宿の頃よりもボールを取りにいく時の当たりの強さとスピードが上がっていた。

「まだ、70~80%ぐらいですね。恐怖心はないですし、動いていると何も問題がないように見えるかもしれないですけど、完全にスッキリはしていない。自分の中では引っ掛かるものがあるんで、それが取れるまではもう少し時間がかかるかなと思います。それに、まだ1試合だけやし、これが連戦になって疲労が蓄まってきた時、膝がどういう反応をするのか。その時の恐さがあります」

【次ページ】 「代表を目指す気持ちはありますけど……」

BACK 1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

セレッソ大阪
東京ヴェルディ
パウロ・アウトゥオリ
山口蛍
ヴァイッド・ハリルホジッチ

Jリーグの前後のコラム

ページトップ