SCORE CARDBACK NUMBER

キャンプ地に甦る永谷脩さんの思い出。
~王会長が語った“信頼感”~ 

text by

石田雄太

石田雄太Yuta Ishida

PROFILE

photograph byHideki Sugiyama

posted2015/02/25 10:00

キャンプ地に甦る永谷脩さんの思い出。~王会長が語った“信頼感”~<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

2008年10月、ホークスの監督を務めていた王貞治氏に取材する永谷さん(左から2番目)。

 2月1日がプロ野球選手にとっての正月なら、プロ野球を追いかけるスポーツライターにとっても2月1日は正月だ。今シーズン、どんなふうに野球を追いかけ、誰の想いを描きたいのか。それによって2月1日をどこで過ごすのかが決まってくる。それを自分で好きに決められるのがフリーの特権じゃんかと、そう教えてくれた大先輩がいた。

 永谷脩さんだ。

 長くプロ野球を追いかけ、幾多の野球人の想いを書き綴ってきた永谷さんは、スポーツライターのパイオニアである。永谷さんの書く原稿は情報が盛りだくさんで、読むたびに圧倒された。いつの間に、どこで、誰から……そんなエピソードがこれでもかと書き込まれていて、まるで注ぎこぼしが升にもあふれる、飾り気のないコップ酒のような作品だった。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

王貞治

プロ野球の前後のコラム

ページトップ