SCORE CARDBACK NUMBER

王者の戦いに際立つコミュニケーション力。
~ラグビーの状況判断を磨くもの~ 

text by

大友信彦

大友信彦Nobuhiko Otomo

PROFILE

photograph byTamon Matsuzono

posted2015/02/21 10:00

王者の戦いに際立つコミュニケーション力。~ラグビーの状況判断を磨くもの~<Number Web> photograph by Tamon Matsuzono

帝京大をまとめ上げた流主将。昨年は日本代表候補合宿にも招集されたスクラムハーフだ。

 ラグビーってどんなスポーツ?

「もちろんボールゲームだよ」と即答する人もいるだろうし、「断然、格闘技です」と言い切る人もいるだろう。手も足も使えて、体当たりもできて、ボールを蹴ってもよければ、持って何歩走ってもいい。「一番自由なスポーツだよ」という答えもある。そんな無数の解がある中で「ラグビーはシンキング(考える)ゲームであり、コミュニケーションスポーツ」と言うのはロビー・ディーンズだ。スーパーラグビーのクルセーダーズを常勝軍団に育て、日本では今季、パナソニックを連覇に導いた名将である。

 極意は「最も効果的なアタックは、相手が教えてくれる」というもの。相手がどこかのディフェンスを厚くすれば、どこかは薄くなる。それを観察し、判断を共有し、実行するために「考える力とコミュニケーション力」を駆使するのだ。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

帝京大学
パナソニックワイルドナイツ
林泰基
霜村誠一
流大
松田力也
堀江翔太

ラグビーの前後のコラム

ページトップ