SCORE CARDBACK NUMBER

競争できる環境を求めてイチローはマーリンズへ。
~「4番手」からレギュラー確保を~ 

text by

四竈衛

四竈衛Mamoru Shikama

PROFILE

photograph byNaoya Sanuki

posted2015/02/09 10:00

競争できる環境を求めてイチローはマーリンズへ。~「4番手」からレギュラー確保を~<Number Web> photograph by Naoya Sanuki

DH制のないナ・リーグを選んだイチローは、20代のレギュラー外野陣とポジションを争う。

 日本のみならず、米国でも数々の偉業を遂げてきたイチローが、メジャー15年目の「職場」として、マイアミ・マーリンズを選択した。条件は、昨季の年俸650万ドルから大幅な減額となる200万ドル(約2億4000万円)の1年契約。だが、グラウンドでプレーすることにこだわるイチローにとって、年俸減は二の次で、さしたる問題ではなかった。

 昨季限りでヤンキースとの契約が切れたイチローは、実は早い時期から今季への準備を着々と進めていた。2001年のメジャー移籍以来、代理人を務めていたトニー・アタナシオ氏の健康上の理由もあり、シーズン中から新たな代理人探しを開始。オフに入ると、すぐにベテランの代理人、ジョン・ボグス氏と契約を交わした。今オフの移籍交渉が、簡単には進まないことを、イチロー自身が承知していたからだった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 520文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

ジャパンクライシス~日本サッカーはなぜ弱くなったのか~

関連記事

マイアミ・マーリンズ
イチロー

MLBの前後の記事

ページトップ