サッカー日本代表PRESSBACK NUMBER

日本人が誰も貫けなかった生き方を。
岡崎慎司、フォワードの理想を語る。 

text by

寺野典子

寺野典子Noriko Terano

PROFILE

photograph byTakuya Sugiyama

posted2015/01/22 16:30

日本人が誰も貫けなかった生き方を。岡崎慎司、フォワードの理想を語る。<Number Web> photograph by Takuya Sugiyama

歴代3位となる代表通算41ゴールを決めている岡崎慎司。今大会ではいまだ1得点だが、アジアの頂点に立つためには彼のゴールが絶対に必要だ。

過去の日本代表FWが貫き通せなかった生き方を。

 吉田麻也はここまで無失点の要因を「前線でボールを奪われたあとのボールへのチェイス、切り替えの速さが素晴らしい。それによって、後ろの僕らはいい状態で守備ができる」と話している。

 その一翼を担っているのが岡崎であることは間違いない。

 しかし、攻撃の時の岡崎のプレーに、どこかもどかしさを感じられたのも事実だ。もっともっと、ピッチで表現すべき岡崎の本当のプレーがあるはずだと。

 彼がマインツで手に入れたもの、それはゴールへの嗅覚を働かせ、ペナルティエリア内で強さを発揮するエースストライカーの姿だ。それは、過去の日本代表FWが貫き通せなかった生き方でもある。

 そんな岡崎が今よりもっと活きるようになれば、代表チーム全体が進化するための突破口にもなり得るはずだ。

 グループリーグとは違う、強豪との対戦が予想される決勝トーナメント。

「チームがうまく行っていないときほど、1トップにチャンスがある」

 迷いなく、自分を強く信じること。それが、余裕を生み出してくれる。悩みつづけたドイツでの時間が、岡崎に教えてくれたことだ。

 ゴール前の危険エリアへ飛び込む、空気を変えるゴールに期待したい。

関連記事

BACK 1 2 3 4
岡崎慎司
ハビエル・アギーレ

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ