フィギュアスケート、氷上の華BACK NUMBER

2連覇・羽生結弦の飽くなき挑戦。
今季最高得点も「まだ完璧じゃない」。 

text by

田村明子

田村明子Akiko Tamura

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2014/12/15 16:30

2連覇・羽生結弦の飽くなき挑戦。今季最高得点も「まだ完璧じゃない」。<Number Web> photograph by Getty Images

「優勝より、自分の演技をほぼ完璧にできたことがうれしい」とコメントした羽生。GPファイナル2連覇で、まさに“敵は己のみ”という高みに到達した感も……。

ハビエル・フェルナンデス、祖国で銀メダル。

 2位に入ったのは、ハビエル・フェルナンデスだった。公式練習中から4回転は不調で苦労している様子が見て取れたが、案の定SPで大きく転倒。5位スタートという厳しい立場に立った。

 だがフリーでは地元の観客の大歓声の中、4回転トウループとサルコウを成功させて、総合2位まで上がった。

「みんなの応援に応えなくてはというプレッシャーはすごかった。SPは初めてスペインの観客の前で(国際大会の)氷に乗って、ものすごく緊張した。でもフリーでは、応援の力を自分のものにしよう、と思って滑りました」

 日本男子が表彰台を独占していたら、それはそれで素晴らしいことだっただろう。だが初のスペイン開催のこの大会で、フェルナンデスが地元の観客の前で表彰台に上がったことは、やはり素直に祝福してあげたい。

 3位はロシアのベテランのセルゲイ・ボロノフが入り、4位はやはりロシアのマキシム・コフトゥンだった。

関連コラム

BACK 1 2 3
羽生結弦
ハビエル・フェルナンデス
セルゲイ・ボロノフ
マキシム・コフトゥン

フィギュアスケートの前後のコラム

ページトップ