フィギュアスケート、氷上の華BACK NUMBER

2連覇・羽生結弦の飽くなき挑戦。
今季最高得点も「まだ完璧じゃない」。 

text by

田村明子

田村明子Akiko Tamura

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2014/12/15 16:30

2連覇・羽生結弦の飽くなき挑戦。今季最高得点も「まだ完璧じゃない」。<Number Web> photograph by Getty Images

「優勝より、自分の演技をほぼ完璧にできたことがうれしい」とコメントした羽生。GPファイナル2連覇で、まさに“敵は己のみ”という高みに到達した感も……。

6位に終わるも「後悔はない」と町田樹。

 SPで2位にたった町田樹は、フリー「第九」では冒頭の4回転で激しく転倒した。そこから何か歯車が狂ったかのように、ジャンプミスが続いてしまい総合では6位まで落ちてしまった。

「滑る前はリラックスして肩の力が抜けていたし、無心に近い状況でできていた。非常に良い感じでいいイメージで臨めた。でも自分で作った(『第九』の)壁は高いです」

 シーズン初めから、自分のキャパシティ120%を出し切らないと滑りきれないプログラムだ、と口にしていた。

「でも何回も失敗して何回も転んで、最後まで余計なことを考えずに純粋に第九を滑りきると突き進んだ自分がいた。挑戦するものは挑戦して、失敗したのだからしょうがない。結果を受け止めるしかない。後悔はありません」

 全日本まで、10日ほどしか時間がない。ここで勝ち残らなければ、これが「第九」を滑る最後のチャンスだと覚悟を決めている。

「このGP3大会で得られたものすべてを糧に、全日本に臨むつもりです」

「惜しい気持ちはある」と無良崇人。

 初進出した無良崇人は、SP「カルメン」で4回転転倒という珍しいミスがあり、6位スタート。フリーでは4回転と3アクセルをそれぞれ2回ずつ成功させて4位となったが、総合5位だった。

 日本人表彰台独占の可能性もあったことを指摘されると、「しっかりやることさえやっていれば、可能性はあったと思います。それだけに惜しいと思う部分はあります」と答えた。

 だが特に「カルメン」ではスペインの観客たちに細かく正確な手拍子で励まされ、この国で闘牛士を演じる楽しさを堪能したに違いない。

【次ページ】 ハビエル・フェルナンデス、祖国で銀メダル。

BACK 1 2 3 NEXT
羽生結弦
ハビエル・フェルナンデス
セルゲイ・ボロノフ
マキシム・コフトゥン

フィギュアスケートの前後のコラム

ページトップ