JリーグPRESSBACK NUMBER

C大阪が抗う“今そこにある降格”。
「恐がらず、アグレッシブに前へ」 

text by

佐藤俊

佐藤俊Shun Sato

PROFILE

photograph byJ.LEAGUE PHOTOS

posted2014/11/27 10:40

C大阪が抗う“今そこにある降格”。「恐がらず、アグレッシブに前へ」<Number Web> photograph by J.LEAGUE PHOTOS

柿谷曜一朗がクラブを去り、山口蛍が故障で離脱。背番号13を背負う南野拓実は、今季まだ2得点。「奇跡」を起こすにはこの男のゴールが必要だ。

次節は鹿島。アグレッシブさは復活するか。

 次節の対戦相手である鹿島は、優勝の可能性を残し、現在3位につける厳しい相手だ。ただ、3月に対戦した時は2-0で勝利している。

 扇原は大一番をこう展望した。

「鹿島戦は集中して試合に入って、立ち上がりからアグレッシブに前にいきたい。仙台戦を含め、最近は試合の入り方が良くなかったんで。最初から前にいければ若い選手が多いので勢いがつくと思う。

 あとは、先制点ですね。取った後、どれだけ恐がらずに前にいけるか。それと1点取った後、相手が前に出てきて我慢する時間があると思うんで、そこでいかに失点しないで凌ぎ切ることができるか。

 これまでは失点してしまうケースが多かった。でも、押されても失点しなければまたカウンターとかチャンスが出てくる。前に行く気持ちも大事ですけど、冷静に状況をみて、落ち着いて戦えれば必ず結果がついてくると思います」

残留争いの中で、スタイルを貫く難しさ。

 C大阪の選手たちは、頭の中ではアグレッシブに行く必要性を理解している。だが、残留争いの真っ只中、自分たちのスタイルでいつも通りに戦うことの難しさを痛烈に感じているだろう。「残留争い」は裏を返せば、自分たちとの戦いでもあるのだ。

「これまでやってきたことを信じて、思い切り戦うしかないですね」

 南野は、そう言った。

 これだけやって、残留できなければ仕方がない。そう思えるだけのプレーを残り2試合で見せることができるだろうか。そうして自分たちで結果を掴み取るようなアグレッシブなサッカーができれば、「残留」という奇跡の風がきっと吹くはずだ。

関連記事

BACK 1 2 3
セレッソ大阪
南野拓実
ディエゴ・フォルラン
扇原貴宏
大熊裕司

Jリーグの前後の記事

ページトップ