SCORE CARDBACK NUMBER

期待の日本人関取は“中卒の叩き上げ”。
~20歳のイケメン力士、輝大士~ 

text by

佐藤祥子

佐藤祥子Shoko Sato

PROFILE

photograph byKYODO

posted2014/10/27 10:00

期待の日本人関取は“中卒の叩き上げ”。~20歳のイケメン力士、輝大士~<Number Web> photograph by KYODO

十両昇進が決まり親方と会見をする輝。「名前に負けないように頑張る」と力強く語った。

 弱冠20歳、期待の日本人関取が誕生した。達綾哉(たつりょうや)改め「輝大士(かがやきたいし」が、新十両昇進を決めたのだ。

 '09年度の全国都道府県中学生選手権では、団体戦と個人戦を制し、卒業後は元安芸乃島率いる高田川部屋の門を叩く。入門時、すでに身長193cm、体重145kgの恵まれた体躯で注目を浴び、前相撲から約1年半で順調に幕下に昇進。

 その後の3年間は幕下の地位ではね返され、突き抜けられずにいたが、ここ8場所で、4勝3敗が6度、5勝2敗が2度と、着実に勝ち越しを続け、じわりじわりと番付を上げた。遠藤や逸ノ城らが幕下付け出しデビューし、スピード出世を果たすなか、『中学卒の叩き上げ力士』の待望の昇進だ。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

輝大士

相撲の前後のコラム

ページトップ