SCORE CARDBACK NUMBER

苦難を乗り越えたルドゴレツは東欧の希望の星となるか?
~ブルガリアの王者、CLで躍進を~ 

text by

豊福晋

豊福晋Shin Toyofuku

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2014/10/22 10:00

苦難を乗り越えたルドゴレツは東欧の希望の星となるか?~ブルガリアの王者、CLで躍進を~<Number Web> photograph by Getty Images

10月1日に行われたCLのマドリー戦では、マルセリーニョが先制点を挙げるも逆転負け。

 東欧の小国が一丸となって応援しているクラブがある。今季のUEFAチャンピオンズリーグに出場している、ブルガリアのルドゴレツ・ラズグラドだ。

 6000人収容のホームスタジアム、ルドゴレツ・アレナはUEFA基準に達しておらず、試合は首都ソフィアで開催しなければならない。ホームタウンのラズグラドはソフィアからは400kmも離れており、人口はわずか3万5000人と、集客には不利な条件が揃っていた。

 しかしCLレアル・マドリー戦は発売から数日で売り切れるなど盛況に。相手がスター揃いの人気クラブだったこともあるが、昨季のヨーロッパリーグでも満員の試合は続いており、自クラブだけでなく他クラブのサポーターまでが駆けつける不思議な現象が起きている。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 583文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

レジェンドが語る 愛と憎しみのクラシコ。

関連記事

ルドゴレツ・ラズグラド
欧州チャンピオンズリーグ

海外サッカーの前後の記事

ページトップ