SCORE CARDBACK NUMBER

急成長するイランから日本が学ぶべきこと。
~男子バレー、五輪出場への難敵~ 

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2014/10/13 10:30

急成長するイランから日本が学ぶべきこと。~男子バレー、五輪出場への難敵~<Number Web> photograph by Getty Images

5位-6位決定戦では敗れたものの、セッターのマルーフを中心に柔軟なプレーを見せた。

 9月21日、ポーランドで行なわれていたバレーボール男子世界選手権が閉幕した。日本が不出場だった大会で目をひいたのはイランが6位になったことだ。1982年に日本が4位となって以降、アジア勢として最高成績である。

 '00年代半ばまでアジアでも中位程度に過ぎず、日本より格下と思われていたイランはここ数年で台頭した。'11年にアジア選手権で初優勝すると同年のワールドカップに20年ぶりに出場。'12年のロンドン五輪出場はならなかったが昨年は国際大会で強豪のアメリカ、イタリアを破ったほか、アジア選手権を連覇。今夏のワールドリーグでもアジア勢初の4強入りを果たしている。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

リオデジャネイロ五輪
オリンピック・パラリンピック

バレーボールの前後のコラム

ページトップ