沸騰! 日本サラブ列島BACK NUMBER

12年ぶり新潟開催のスプリンターズS。
混戦の短距離路線、カギは脚質か。 

text by

島田明宏

島田明宏Akihiro Shimada

PROFILE

photograph byYuji Takahashi

posted2014/10/04 08:00

12年ぶり新潟開催のスプリンターズS。混戦の短距離路線、カギは脚質か。<Number Web> photograph by Yuji Takahashi

昨年のスプリンターズSと今春の高松宮記念でともに2着と惜しいレースが続いているハクサンムーン。

新潟コースでほぼパーフェクトの馬が出走。

 オーストラリアでGIを勝ったハナズゴールも怖いし、キーンランドカップでローブティサージュの2着に来たレッドオーヴァルもノーマークにはできないような気もする。

 牡馬では、新潟芝コースで4-1-0-1とほぼパーフェクトなセイコーライコウ、安田記念でジャスタウェイを脅かす2着になったグランプリボスも気になるが、キリがないので、ここまでにしたい。

◎ハクサンムーン
○コパノリチャード
▲ベルカント
△ローブティサージュ
×トーホウアマポーラ

 あれよあれよと言う間に先行勢が流れ込む、「これぞ電撃の6ハロン戦」というレースになると見て、脚質優先で選んでみた。

この記事の全文は「Number PREMIER」でお読みいただけます。
《バスケ日本代表》ベネズエラ戦、7分18秒の真実…「信じていますか?」トム・ホーバスに問われ続けた比江島慎と川真田紘也
《バスケ日本代表》ベネズエラ戦、7分18秒の真実…「信じていますか?」トム・ホーバスに問われ続けた比江島慎と川真田紘也
甦る死闘。 True Stories of 2023. - Number1086号 <表紙> 大谷翔平

Sports Graphic Number 1086
甦る死闘。
True Stories of 2023.

2023年12月7日発売
800円(税込)

Amazonで購入する

BACK 1 2 3
ハクサンムーン
コパノリチャード
ベルカント
ローブティサージュ
トーホウアマポーラ

競馬の前後の記事

ページトップ