Number Do ExBACK NUMBER

Number Do×ほぼ日「ランナー手帖」。
「走る」と、「記録する」の好相性。 

text by

Number編集部

Number編集部Sports Graphic Number

PROFILE

photograph byNao Nakai

posted2014/10/02 11:00

Number Do×ほぼ日「ランナー手帖」。「走る」と、「記録する」の好相性。<Number Web> photograph by Nao Nakai

昨年の「ランナー手帖」10月、11月のページ。2人のランがぎっしり書き込まれている。

現在発売中のNumber Do「死ぬまでに走りたい100の大会」には、特別付録「ランナー手帖」がついています。Number Doと「ほぼ日手帳」がコラボした、ランナーのための手帳も好評にお応えして今年で3年目を迎えました。

昨年の10月から「ランナー手帖」を愛用した、ほぼ日・中年陸上部の西本さんと、Number Do編集部の涌井が、自分たちの1年間のランが詰まった手帳を見ながら、ランナーが記録をつけることの面白さを語り合いました。

「ほぼ日」サイトでは、「ほぼ日」らしいテイストで「ランナー手帖」の魅力が紹介されています。

涌井   西本さんの「ランナー手帖」、10月、11月、12月はしっかり記録をつけているのに、急に書かなくなってますね。

西本   11月3日の湘南国際マラソンに向けて、しっかり練習をしていたので、そのころまでは毎日書いてたんですが……。

涌井   書かなくなったキッカケってありますか?

西本   12月ごろまではバス通勤をしていて、朝走った分をバスの中で記録していたんです。でも、途中から自転車通勤に変えたら書くリズムがなくなってしまって。

涌井   なるほど。どうしてまた自転車通勤を?

西本   そのころに4月のロッテルダムマラソンにエントリーしたんです。湘南で納得のいく結果がでなかったので、ロッテルダムに向けてもっと体をしぼろうと思って。

涌井   これだけ走っていて、さらに運動量を増やしたんですね。でも、たしかにいつ手帳に書くかってリズムが必要ですよね。僕も週2、3回走っているときは、走った直後につけていたけど、頻度が少なくなるとまとめて書いたりしていました。

西本   でも、涌井さん、1年間きっちりつけましたね。蛍光ペンをつかているのもわかりやすい。

涌井   僕、スケジュールなどを書き込む以外で、手帳をちゃんと1年間きっちり使ったのって初めてかもしれません。

2014年版「ランナー手帖」が出来ました。

【次ページ】 涌井「書き込みたい、というのがモチベーションになる」

1 2 3 4 5 NEXT

陸上の前後の記事

ページトップ