濃度・オブ・ザ・リングBACK NUMBER

日本大会メインを飾ったKO劇に思う、
なぜオクタゴンは魅力的なのか。 

text by

橋本宗洋

橋本宗洋Norihiro Hashimoto

PROFILE

photograph bySusumu Nagao

posted2014/09/27 10:40

日本大会メインを飾ったKO劇に思う、なぜオクタゴンは魅力的なのか。<Number Web> photograph by Susumu Nagao

“魅せる”打ち合いを繰り広げたマーク・ハント(右)とロイ・ネルソン。勝利したハントは「今日は2歳になる娘の誕生日なんだ、おめでとう」とインタビューに答えた。

追撃のパウンドを打たないという美学。

 結果、ハントが先に当てた。ネルソンが頭を下げたところに右アッパー一閃。前のめりに倒れ込むネルソンに、ハントは追撃のパウンド(グラウンドでのパンチ)を打たなかった。KOを確信していたからだろうが、もしかすると寝技にいくのが億劫だったのかもしれない。もちろんハントも寝技の練習を充分に積んでいるのだが、「格闘技は殴って倒せばそれで終わりだろ」とでも言いたげな彼の闘いぶりを見ていると、そう思いたくなってくるのだ。

 ハントは40歳。K-1 GPで優勝してから13年が経っている。MMAではあっさり敗れることも少なくなかった。それでも、今まだ世界最高峰の戦場で存在感を示しているのだから不思議だ。彼の息の長さは、“身体能力”や“モチベーション”といった要素だけでは説明がつかない。本人も「闘うのが好きだから」としか言えないのではないか。

 UFCは一つの勝利、一つの敗北がファイターの人生を大きく左右するシビアな舞台だ。だが勝ち続け、観客を熱狂させ続ける限り、個性は最大限許容される。“悪童”がいても“変人”がいても構わないし、お腹の脂肪がパワーを生み出すのなら、それはそれでいい。過酷で、同時にカラフル。だから世界中のファンがオクタゴンに魅了されるのである。

関連記事

BACK 1 2 3
カン・ギョンホ
田中路教
菊野克紀
堀口恭司
五味隆典
マイルス・ジューリー
金原正徳
中井りん
アレックス・キャセレス
ミーシャ・テイト
マーク・ハント
ロイ・ネルソン
アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ

格闘技の前後の記事

ページトップ