セリエA ダイレクト・レポートBACK NUMBER

新2トップ、「毒蛇」、スポンサー。
コンテがアズーリに施す“荒療治”。 

text by

弓削高志

弓削高志Takashi Yuge

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2014/09/18 16:30

新2トップ、「毒蛇」、スポンサー。コンテがアズーリに施す“荒療治”。<Number Web> photograph by Getty Images

ノルウェー戦を勝利で飾り、ユーロ2016予選ではグループHの首位にたっている。

代表を抱える有力クラブに訪問行脚。

 いざ代表監督に就任してからも、コンテはじっとしていなかった。

 就任会見の翌日から、有力クラブへ訪問行脚を開始。4日間で6クラブを訪れ、代表への協力の理解と候補選手に関する情報交換を要請した。

 概して欧州の有力クラブは、代表へ選手を送り出すことにあまり協力的とはいえない。貴重な戦力と財産である選手たちが疲労で消耗し、故障のリスクも増す代表チームへの招集を心の底から望むクラブチームの監督は稀だ。

 ただし「代表監督」の肩書を持ったコンテから面と向かって、公式に「よろしく頼む」と請われれば、メディア越しに舌戦を繰り広げていたライバル同業者たちも、振り上げていた拳を下さざるを得ない。

 コンテは、昨季まで激しい舌戦を交わしたガルシア(ローマ)とマッツァーリ(インテル)に雪解けを迫り、和解に成功した。彼らとの関係軟化は、今後、EURO予選が本格化してきたときに、MFフロレンツィやDFラノッキアのスムースな招集に向けて大きな意味がある。

 元ユベントス主将でもあるコンテ。憎悪されているはずのフィオレンティーナ練習場にも乗り込んだことが、逆に勇気ある行動だと称賛された。

 人道的ではあったが勝負師として物足りなかったプランデッリとは、チーム作りのアプローチがまったくちがう。新指揮官コンテは、グラウンドの外でも駆け引き巧者なのだ。

恩師リッピが語る、コンテの「勝利欲」。

 現役時代からコンテが師と敬う名将リッピ(広州恒大)は、ユベントスの指揮官から代表監督へと至った自らのキャリアを追従する愛弟子を「選手たちへ勝利欲を植え付ける点を私から受け継いだ」と語る。

「マンチーニやスパレッティ、アッレグリ、他にも優れた代表監督の候補たちはいた。だが、アントニオ(・コンテ)ほど代表に情熱をもたらしてくれる監督は他にいない。ユーベで成功を収めたように、彼は彼らしくやればいいのだ」

 イタリアでは、強面で選手を鍛え上げる激情家の指導者を“Martello(=鋼鉄のハンマー)”と呼ぶ。

 アズーリは荒療治を必要としていた。コンテの鉄槌が打ち下ろされるたびに、新生イタリア代表は鍛え上げられていくだろう。

「名声(Fama)などいらん。俺が求めているのは、勝利への飢え(Fame)を持っている男たちだ」

 勝つことに憑りつかれた闘将は、10月のアゼルバイジャン戦がもう待ちきれない。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

アントニオ・コンテ

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ