SCORE CARDBACK NUMBER

崖っぷちのドラゴンズに不可欠な「4番平田」の一発。
~打順降格、ケガを乗り越えて~ 

text by

石田雄太

石田雄太Yuta Ishida

PROFILE

photograph byHideki Sugiyama

posted2014/09/09 10:00

崖っぷちのドラゴンズに不可欠な「4番平田」の一発。~打順降格、ケガを乗り越えて~<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

プロ9年目の今季、落合博満ドラゴンズGMの現役時の背番号「6」を背負っている平田。

 4番の意地を垣間見た。8月下旬のタイガース、ジャイアンツとの直接対決にドラゴンズは、まさかの5連敗を喫した。迎えた8月24日の東京ドーム。4番の平田良介は、ジャイアンツに一矢報いるツーベースを放って、こう言った。

「僕が打てば勝てた試合がありました。4番はチームの顔でなくてはいけない。そういう意味で自分はまだまだですし、ドラゴンズの4番といえば平田だと言ってもらえるようになりたいと思います」

 谷繁元信監督から期待をかけられ、今シーズンの開幕から4番を託された平田だったが、5月下旬、交流戦が始まると同時に4番を外された。今年は全試合で4番を打つことを目標に掲げていた平田にとっては、ショックな出来事だった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 626文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

日本サッカー再生計画。

Sports Graphic Number 860

日本サッカー再生計画。

 

関連記事

中日ドラゴンズ
平田良介
谷繁元信

プロ野球の前後の記事

ページトップ