REVERSE ANGLEBACK NUMBER

地方大会、甲子園で続く大逆転劇。
背景に“序列”への過剰な意識が? 

text by

阿部珠樹

阿部珠樹Tamaki Abe

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2014/08/21 10:40

地方大会、甲子園で続く大逆転劇。背景に“序列”への過剰な意識が?<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

8点差を逆転しての勝利は大会記録に並ぶもの。前回は1997年大会の1回戦、市立船橋(千葉)が文徳(熊本)を逆転した17-10の試合だった。

若い人ほど、言葉に惑わされる。

 だが、この日の大垣日大の相手はそれまでの3試合のケースとは違った。三重高校は1回戦で9回2点差を追いつき、11回に勝ち越してサヨナラ勝ちしたチームである。甲子園は3季連続出場。選抜に優勝したこともある名門だ。額縁の大きさでは負けない。「おれたちだって」と冷静さを取り戻し、主導権を渡さなかった。終盤のピンチも攻守で切り抜け、ミラクルを演じた相手を退けた。

 情報に惑わされるな。見たものだけ信じろ。いうのは簡単だが、実際はそうはいかない。未熟な若い人ほどプレーで得る生の感触よりも言葉に惑わされる。心理的な序列への過剰な意識はマウンティングなどといわれて最近話題になっているが、高校生にもそうした意識があっても不思議ではないだろう。

関連記事

BACK 1 2 3
星稜高校
大垣日大高校

高校野球の前後の記事

ページトップ