SCORE CARDBACK NUMBER

“人材の宝庫”九州に思う、未完成の才能の育て方。
~有望球児は弱点を克服できるか~ 

text by

小関順二

小関順二Junji Koseki

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2014/07/31 10:00

“人材の宝庫”九州に思う、未完成の才能の育て方。~有望球児は弱点を克服できるか~<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

1年秋からの西日本短大付のエース・小野郁。福岡大会は毎試合、多くのスカウトが見守った。

 プロのスカウト数人に聞いたところ、今年の九州勢はチームの強さより、個人の能力の高さが目を引くと答えてくれた。

 確かに前評判の高い逸材がごろごろいる。投手では春の九州大会でストレートが150kmを計測した佐野皓大(大分)、昨秋・今春の福岡県大会準優勝投手である小野郁(西日本短大付)、149kmの快速球で熊本ナンバーワンの評価を得る善武士(多良木)が代表的選手だ。野手では九州国際大付のクリーンアップ、清水優心(捕手)と古澤勝吾(遊撃手)がスカウトの注目を一身に集める。

 以上に挙げた5人のうち、佐野を除く4人を7月18、19日の熊本大会、福岡大会で見ることができた。善は持ち味のストレートが自己最速に4km及ばないまでも145kmを計測し、小野は東海大五に対して173球の完投劇を演じ、スカウトのスピードガンで最速149kmの数字も叩き出した。前評判に違わない大物ぶりと言っていいだろう。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 486文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

真夏の絆。~甲子園熱球白書~

Sports Graphic Number 858

真夏の絆。
~甲子園熱球白書~

 

関連記事

小野郁
佐野皓大
善武士
清水優心
古澤勝吾
山川晃司

高校野球の前後の記事

ページトップ