SCORE CARDBACK NUMBER

いぶし銀の魅力溢れる、ベテランたちの7月場所。
~アラフォー力士、名古屋で旋風を~ 

text by

佐藤祥子

佐藤祥子Shoko Sato

PROFILE

photograph byKYODO

posted2014/07/07 10:00

いぶし銀の魅力溢れる、ベテランたちの7月場所。~アラフォー力士、名古屋で旋風を~<Number Web> photograph by KYODO

史上最年長幕内力士としての記録を更新し続けている旭天鵬。一昨年には優勝も果たした。

 大鵬の誇る、前人未踏の幕内最多優勝記録は32回。次ぐ千代の富士は31回。7月の13日に初日を迎える名古屋場所では、大台に乗る30度目の優勝に、29歳の白鵬が挑む。一方、その陰では、ベテランの「アラフォー力士」たちが、いぶし銀の魅力を醸し出している。

 この場所直前に38歳の誕生日を迎える元関脇の若の里が、5場所ぶりに幕内復帰することになった。昨年11月に十両に陥落し、「まだまだ相撲を続けたい。幕内に戻りたい」との一念で、右膝の手術を決意。以後、十分な稽古はできずともトレーニングと「稽古の貯金」で乗り切った。関取在位100場所目となり、実に16年以上にわたって関取の座を保持し続ける「鉄人」と言える。

この記事は有料会員限定です。
有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

旭天鵬
白鵬
若の里
安美錦

相撲の前後のコラム

ページトップ