SCORE CARDBACK NUMBER

予想外のファイナル完敗に、ジェイムスが認めた“事実”。
~孤軍奮闘も逃したNBA3連覇~ 

text by

宮地陽子

宮地陽子Yoko Miyaji

PROFILE

photograph byYukihito Taguchi

posted2014/06/23 16:30

予想外のファイナル完敗に、ジェイムスが認めた“事実”。~孤軍奮闘も逃したNBA3連覇~<Number Web> photograph by Yukihito Taguchi

第5戦では31ポイントと孤軍奮闘するも、報われず。今後の移籍の有無も注目されている。

 レブロン・ジェイムスは、顔を上げ、まっすぐ前を向いて速足でコートを後にした。

 ジェイムス率いるマイアミ・ヒートが、NBAファイナルでサンアントニオ・スパーズに1勝4敗と完膚なきまでに叩きのめされ、3連覇を達成できずにシーズンを終えた直後のことだ。負けたものの、ジェイムスは4年連続でNBAファイナルに出場し、2回優勝したチームとしての誇りを忘れたくなかった。

 それにしても、予想外の完敗だった。1年前、激戦の末にヒートが優勝した時と同カードだっただけに、互角の戦いが期待された。しかし、シリーズが進むごとにスタイルを完成させていったスパーズに対して、ヒートはなす術なく、打った手もまったく効果ないまま、自分たちのアイデンティティも失って崩壊。第3戦以降の3試合はすべて、それぞれ17点以上の大差をつけられてしまった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 528文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

日本代表、誇りを懸けて。

Sports Graphic Number 2014/6/30臨時増刊

日本代表、誇りを懸けて。

 

関連記事

マイアミ・ヒート
サンアントニオ・スパーズ
レブロン・ジェームズ

バスケットボールの前後の記事

ページトップ