SCORE CARDBACK NUMBER

全仏初戦敗退の錦織がケガで陥った精神的迷い。
~全力プレーと恐怖感の狭間で~ 

text by

秋山英宏

秋山英宏Hidehiro Akiyama

PROFILE

photograph byHiromasa Mano

posted2014/06/09 10:00

全仏初戦敗退の錦織がケガで陥った精神的迷い。~全力プレーと恐怖感の狭間で~<Number Web> photograph by Hiromasa Mano

今季はクレーで10勝1敗の勝率で臨んだ全仏だったが、4度目の出場で初めての初戦敗退。

 錦織圭がトップ10選手として初めて迎えた四大大会、全仏は初戦敗退に終わった。前哨戦のバルセロナで優勝、マドリードの決勝ではラファエル・ナダルに勝ちかけた錦織は大会の注目選手だった。初戦の相手は世界59位。この番狂わせを海外メディアも大きく報じた。

 ただ、予想もできなかった結果とは言えない。マドリードの決勝で途中棄権を強いられた股関節と左ふくらはぎの故障は完治せず、「四大大会でなければ欠場していたかもしれない」ほどの状態だった。サーブ練習を再開したのもわずか2日前。試合形式の練習を一度もこなせないまま初戦を迎えた。専属トレーナーが手を尽くし、コンディションは80%まで回復したという。しかし、1回戦で錦織が発揮できた力は5割、あるいは4割か。米国のテレビ、ESPNで解説を務めたカリスマコーチ、ダレン・ケーヒルの見立ては「50%」。アジアの至宝はこの日、十人並みのプレーヤーでしかなかった。

この記事は有料会員限定です。
有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

錦織圭
マイケル・チャン

テニスの前後のコラム

ページトップ