Jをめぐる冒険BACK NUMBER

さらなる進化を目指すゆえの苦境。
柿谷曜一朗が挑む困難なミッション。 

text by

飯尾篤史

飯尾篤史Atsushi Iio

PROFILE

photograph byShigeki Yamamoto

posted2014/04/23 12:00

さらなる進化を目指すゆえの苦境。柿谷曜一朗が挑む困難なミッション。<Number Web> photograph by Shigeki Yamamoto

セレッソの8番を背負い、ACLとの過密日程を戦う柿谷曜一朗。昨年は代表の1トップとしても存在感を示しW杯メンバーへの選出も濃厚と見られているが、本人はセレッソへの最大の愛情を隠さない。

任された仕事を、自らの掌中に収めるために。

 FC東京戦後の「自分がしっかり先制点を取って、チームを盛り上げられれば、いい方向に向かうと思ってます。本当に責任を感じてますし、チームに迷惑を掛けているのは自分が一番分かっているので」という言葉には、追い込まれているような印象も受けた。

 一方でワールドカップを考えれば、1トップで起用してほしいと訴えてもおかしくないが、日本代表とは異なる役割を黙々とこなしているところに、ワールドカップのためではなく、セレッソのためにプレーしているという彼の覚悟も感じられる。

 

 たしかに「柿谷への裏一発」がチームの第一選択肢ではなくなり、求められる仕事も多岐に渡るため、得点チャンスは減っている。だが決してゼロではなく、それをモノにするのが今の使命であることは「限られたなかでもチャンスはあるので、そういうところを決めるのが、今やらないといけないことだと思う」と言う本人が一番よく分かっている。

 柿谷に8番を託した森島寛晃は「曜一朗はセレッソというより、日本サッカー界が生んだ天才だと思っています。あいつが本当に化けてくれれば、セレッソは優勝できると思います」と言う。

 一時のドロップアウト寸前の状態から立ち直り、今や日本を代表する選手になった柿谷が、この試練をどう乗り越えその可能性を広げていくか、注目したい。

 

関連記事

BACK 1 2 3 4
柿谷曜一朗
セレッソ大阪
ランコ・ポポビッチ
ブラジルW杯
ワールドカップ

Jリーグの前後の記事

ページトップ