SCORE CARDBACK NUMBER

解任か、それとも続投か。
監督から読むJ1残留争い。
~仙台と徳島、対照的な対応策~ 

text by

浅田真樹

浅田真樹Masaki Asada

PROFILE

photograph byJ.LEAGUE PHOTOS

posted2014/04/24 10:00

解任か、それとも続投か。監督から読むJ1残留争い。~仙台と徳島、対照的な対応策~<Number Web> photograph by J.LEAGUE PHOTOS

FW赤嶺真吾(左)が2得点をあげて横浜F・マリノスにアウェーで快勝、喜ぶ渡邉新監督。

 第6節終了時にして、早くもJ1で今季最初の監督交代劇が起きた。舞台となったのは2分け4敗と勝ち星がなく、17位に低迷していた仙台。今季から指揮を執っていたグラハム・アーノルドが解任され、ヘッドコーチの渡邉晋が監督に昇格した。

 最近のJ1では、表向きに辞任か解任かはともかく、シーズン序盤であっても指揮官の首が飛ぶケースは珍しくない。一昨季はG大阪のセホーンが第3節終了時に、昨季は磐田の森下仁志が第9節終了時に、いずれも監督の任を解かれた。ただし、G大阪、磐田がともにJ2降格を回避できなかったことでも分かるように、監督交代は必ずしも低迷脱出の特効薬とはなりえない。仙台が渡邉体制初戦の第7節で勝ち点3を手にしたことは光明だが、まだまだ油断はできない。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 555文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

<没後20年総力特集>アイルトン・セナの天才性について。

関連記事

ベガルタ仙台
渡邉晋
徳島ヴォルティス
小林伸二

Jリーグの前後の記事

ページトップ