日本代表、2014年ブラジルへBACK NUMBER

サプライズの香りが漂い始めている。
発表まで1カ月、ザックの「探し物」は。 

text by

二宮寿朗

二宮寿朗Toshio Ninomiya

PROFILE

photograph byKenzaburo Matsuoka/AFLO

posted2014/04/18 10:50

サプライズの香りが漂い始めている。発表まで1カ月、ザックの「探し物」は。<Number Web> photograph by Kenzaburo Matsuoka/AFLO

国内組を集めた合宿には、常連組ではなく初招集を含むフレッシュなメンバーを多く呼び集めたザッケローニ監督。最後の名前が呼ばれるまで、緊張感を持ったサバイバルは続いていく。

サプライズの香りは漂い始めている。

 ケガで離脱している長谷部、内田、吉田の状態を見ながらの選考にもなる。それに「一度、手元に置いてみておきたかった」と“候補合宿組”から右サイドバックでテストした塩谷司や川又堅碁ら、コンディションのいい旬な選手にもザッケローニは注目している。

 合宿最終日での囲み取材で指揮官は、こうも言った。

「問題になっているのは、人材不足による悩みではなく、人材豊富ゆえの悩みだということだ。ときに人材不足に陥る状況もあるだろうが、我々はそういう状況ではない。選手全員が健康で、コンディションがいいことを願っている」

 上記に名前を出さなかった選手にもチャンスはある。

 ザッケローニを振り向かせるのは、一体誰か。

 無風、いや、サプライズの香りが春風に乗って何だか漂い始めている――。

関連記事

BACK 1 2 3 4
アルベルト・ザッケローニ
齋藤学
青山敏弘
工藤壮人
南野拓実
豊田陽平
塩谷司
川又堅碁
ブラジルW杯
ワールドカップ

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ