SCORE CARDBACK NUMBER

余力を残して前哨戦完勝。
桜最有力のハープスター。
~春の3歳クラシック勢力図を見る~ 

text by

片山良三

片山良三Ryozo Katayama

PROFILE

photograph byYuji Takahashi

posted2014/04/05 10:00

余力を残して前哨戦完勝。桜最有力のハープスター。~春の3歳クラシック勢力図を見る~<Number Web> photograph by Yuji Takahashi

桜花賞、オークスの結果・内容次第で、日本の3歳牝馬では初となる凱旋門賞に挑戦予定。

 桜花賞(4月13日、阪神芝1600m、GI)は、どうやらハープスター(牝3歳、栗東・松田博資厩舎)で決まりと言い切ってよさそうだ。新潟2歳Sの時点で末恐ろしいほどの才能を認められていた逸材だが、阪神ジュベナイルフィリーズ(芝1600m)では前半でハミを取らない欠点を露呈、2歳女王の座をハナ差でレッドリヴェール(栗東・須貝尚介厩舎)に譲っていた。

 しかしその屈辱から3カ月後のチューリップ賞では、勝負所でスムーズな加速を披露。課題を完璧にクリアした上で、最後の直線は父ディープインパクトを思い起こさせる大外一気で見事に突き抜けて見せた。桜花賞と同じ距離・コースで、余力を残しての完勝劇。この器の大きさは牡を含めてもナンバーワンかもしれない。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 654文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

<プロ野球80周年記念特集>81年目の「約束」。

関連記事

ハープスター
レッドリヴェール
トゥザワールド
トーセンスターダム
アジアエクスプレス

競馬の前後の記事

ページトップ