Number on NumberBACK NUMBER

五輪史に残る大接戦。
~0.003秒差に、同タイムまで~ 

text by

小川勝

小川勝Masaru Ogawa

PROFILE

photograph byNaoya Sanuki/JMPA

posted2014/03/21 10:40

五輪史に残る大接戦。~0.003秒差に、同タイムまで~<Number Web> photograph by Naoya Sanuki/JMPA

スピードスケート男子500mはオランダ勢が表彰台を独占した。スメーケンを0.01秒上回り金メダルに輝いたミシェル・ムルデル。

 冬季五輪の競技は、雪や氷の上で行なわれるため、夏季五輪の競技より、スピードの速いものが多い。陸上競技の短距離よりスピードスケートのほうが速いし、マラソンよりクロスカントリースキーのほうが速い。アルペンの滑降では、最高速度が時速130kmを超える。こういったスピードの中で、冬季五輪ではしばしば僅差の勝負が展開される。ソチ五輪でも、いくつか歴史に残る大接戦の金メダル争いがあった。

 まず日本の加藤条治と長島圭一郎が5位、6位に入ったスピードスケートの男子500mだ。500mは2本滑った合計タイムで競うため、勝負を決めるまでには1000mを滑っているわけだが、金メダルのミシェル・ムルデル(オランダ)と銀メダルのヨハンネス・スメーケン(オランダ)は0.01秒差だった。公式タイムは69秒31と69秒32。距離にして約14cmの差に過ぎなかった。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

加藤条治
長島圭一郎
ソチ五輪
オリンピック・パラリンピック

冬季スポーツの前後のコラム

ページトップ