ソチ五輪EXPRESSBACK NUMBER

「龍一君の手」が決めたペアの縁。
高橋成美&木原龍一、奇跡の1年。 

text by

野口美惠

野口美惠Yoshie Noguchi

PROFILE

photograph byShinya Mano/JMPA

posted2014/02/12 12:20

「龍一君の手」が決めたペアの縁。高橋成美&木原龍一、奇跡の1年。<Number Web> photograph by Shinya Mano/JMPA

団体戦の直後、「60点くらいの出来です。もっとちゃんとできるのに、本番で力を出し切れないのは、まだまだということです」とコメントし、次回の五輪挑戦に意欲を新たにしていた木原龍一。

シングルと大きく異なるペアの競技内容に困惑。

 2人はすぐにアメリカ・デトロイトに拠点を移しハードな練習が始まった。いくら高橋が体重30kg台の小柄な体型だといっても、持ち上げて演技をするというのは重労働だ。

「もう毎日、全身が筋肉痛でボロボロでした」と木原。

 ペアにはシングルに無い技が多い。まずは男性が女性を持ち上げる「リフト」、女性を真上に投げてからキャッチする「ツイスト」、女性を投げてジャンプをアシストする「スロージャンプ」、女性の手を持って回転させる「デススパイラル」、一緒にスピンする「ペアスピン」。完全に違う競技といって良いくらいの技の数々に、木原は困惑した。

「最初のうちは、人を持ち上げたり、投げて飛ばしたりするのが怖かった。なかなか思い切り投げられず、自分との戦いでした」

 ペアらしい形になったのは7月。日本のアイスショーでショートプログラムを披露し、初めて人前で滑る緊張感も味わった。

「木原君がペアを組んでくれて、ものすごく嬉しかったです。一緒に滑っても気が合うし、楽しいし、今があってよかった。それに緊張した中で2人の息が合うことも分かりました」

 トランとの国籍問題を抱えていた時期には見せなかった、晴れやかな高橋の笑顔があった。

ソチ五輪出場を逃し、無念の涙を流したことも。

 最初の難関は9月のネーベルホルン杯だった。この五輪予選会で、4枠のペア出場枠を獲得しなければならない。

「試合の1週間前に、やっとショートもフリーも曲を通せるようになった、という感じ」と木原。健闘はしたものの、ジャンプミスもあり、選考枠の5番目となった。

 五輪出場を逃したと分かった瞬間、木原と高橋は「ああ」と言って天を仰ぐ。高橋は涙をこらえて言った。

「点数を見れば、この半年かけてやってきたことは全然無駄じゃないと思います。この調子で頑張って、グランプリシリーズや世界選手権で活躍したい。そして何より、助け合いながら頑張るパートナーがいることが幸せです」

 木原もすぐに気を取り直し、こう続けた。

「いつもの練習通りの演技と思ったが、うまく行かない時もある。1年で五輪に出ようというのが甘かったです。でも五輪が無くなるわけじゃないので、また目指したい。まずは1戦1戦しっかり成長したい」

【次ページ】 団体戦のみのソチ五輪出場もかなったが……。

BACK 1 2 3 4 NEXT
木原龍一
高橋成美
ソチ五輪
オリンピック・パラリンピック

フィギュアスケートの前後のコラム

ページトップ