SCORE CARDBACK NUMBER

大卒即海外という選択は、
Jの変革を促せるか。
~長澤和輝、ケルン入団の理由~ 

text by

浅田真樹

浅田真樹Masaki Asada

PROFILE

photograph byAFLO

posted2014/02/05 06:15

大卒即海外という選択は、Jの変革を促せるか。~長澤和輝、ケルン入団の理由~<Number Web> photograph by AFLO

1月にドイツに渡った長澤は、内田篤人が所属するシャルケとの親善試合に途中出場した。

 Jクラブへの選手供給源として、近年は大学の存在価値が高まる一方だ。クラブ側とすれば、育成組織からのトップ昇格を含めた高卒選手よりも、大卒選手のほうが即戦力として計算できるからなのだが、選手側から見ても、大学を経由することのメリットは大きい。

 高卒でJリーグ入りしても、なかなか出場機会は得られない。ならば大学へ進んで実戦経験を重ねるほうが、自身の成長のためにも賢い選択というわけだ。

 しかし、選手がJリーグの先に海外移籍を望む場合、大学で4年間を過ごすことは必ずしも得策ではない。少し前まで、私はそう考えていた。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 638文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

<ソチ五輪直前総力特集>浅田真央ラストダンス

関連記事

シャルケ
内田篤人
長澤和輝
ケルン

海外サッカーの前後の記事

ページトップ