濃度・オブ・ザ・リングBACK NUMBER

年末の格闘技2大興行の真実。
地上波では観れなかったベストバウト。 

text by

橋本宗洋

橋本宗洋Norihiro Hashimoto

PROFILE

photograph bySusumu Nagao

posted2011/01/07 10:30

年末の格闘技2大興行の真実。地上波では観れなかったベストバウト。<Number Web> photograph by Susumu Nagao

『戦極Soul of Fight』のメインイベント。腕十字は決まらなかったものの、日沖発は終始、マルロン・サンドロを圧倒した

自演乙に完敗した青木と、青木の仇を討った川尻と。

 青木が完敗したことを受け、ともにDREAMを支えてきた川尻が「それならナンバー2同士で闘いたい」と希望したことで、この試合は実現したのだ。しかもこの大会で、青木はK-1ファイターにMMAルールのラウンドでKO負けするという失態を演じている。そのうえ川尻が負ければ、DREAMの存在意義そのものが揺らぎかねない。

 そういう試合で、彼は勝ったのである。

 判定3-0は文句なし。川尻はすべてのラウンドでテイクダウンに成功し、必死で起き上がろうとするトムソンを抑え込み続けた。テイクダウンするか、されるか。立つか、抑えるか。その攻防は地味ながら、見ていて力の入るものだったのは間違いない。

緊張感のない“テレビ格闘技”の衰退。

 日沖vs.サンドロと川尻vs.トムソンを見ていて、あらためて感じたことがある。

 強豪同士の対戦における緊張感こそ、最高のエンターテインメントだということだ。

 派手な殴り合いやサプライズ的マッチメイクも観客を喜ばせるが、何よりも“勝つか負けるか”こそがスポーツの核なのである。

『Dynamite!!』の視聴率は平均9.8%。この数字をもって“格闘技の凋落”を謳うことはたやすい。だが格闘技の本当の魅力は、テレビには映らないところで発揮されていたのだ。凋落したのは“テレビ格闘技”であって“格闘技”ではない。

関連記事

BACK 1 2
日沖発
川尻達也
マルロン・サンドロ
ジョシュ・トムソン

格闘技の前後の記事

ページトップ