SCORE CARDBACK NUMBER

過酷な条件のもと、
柔道の五輪代表争いが始まる。
~過密化する大会日程の中で~ 

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph byShino Seki

posted2011/01/14 06:00

過酷な条件のもと、柔道の五輪代表争いが始まる。~過密化する大会日程の中で~<Number Web> photograph by Shino Seki

角刈りの16歳、山本杏。講道館杯で2009年は中学生ながら3位に入り、2010年優勝を果たした

 過酷な時代になった。柔道を見ていると、そう思わずにはいられない。

 '09年に導入された世界ランキング制と、そのランキングに基づいた五輪出場権獲得のシステムにより、選手は数多くの大会への出場を余儀なくされるようになった。昨年後半だけ見ても、9月は世界選手権、11月にアジア大会か講道館杯、12月にはグランドスラム東京と、日本代表選手が出場しなければならない試合が続いた。年が明け、今月はマスターズがあるし、2月以降もグランドスラムなどの国際大会が控える。

「ひと月からふた月、大会の間隔があるなら、別に大変なことではないのでは」と思うかもしれない。しかし柔道には減量がある。選手によっては6、7kgも落とさなければならない。体への負担、精神的な消耗などを考えれば、明らかに過密日程である。

この記事は有料会員限定です。
有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

格闘技の前後のコラム

ページトップ