SCORE CARDBACK NUMBER

磐石の新日本が魅せる。
新春興行で4強が火花。
~ファンで決めたドーム2大決戦~ 

text by

門馬忠雄

門馬忠雄Tadao Monma

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2014/01/03 08:00

磐石の新日本が魅せる。新春興行で4強が火花。~ファンで決めたドーム2大決戦~<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

(左から)中邑、オカダ、内藤、棚橋。黄金時代を迎えた新日本の主役争いは激しさを増す。

 ファンのジャッジメントはシビアだった。新春1月4日に開催される新日本「WRESTLE KINGDOM 8 in 東京ドーム」のメーンカードが王者・中邑真輔vs.挑戦者・棚橋弘至のIWGPインターコンチネンタル選手権試合に決まった。団体の看板であるIWGPヘビー級選手権がメーンから外れるのは東京ドーム興行で初めてのことだ。

 '13年、ひとり勝ちとなった新日本。興行面の好調を受け、トップ選手の競争心を煽る意味で行なったのが人気投票だ。王者・オカダ・カズチカvs.挑戦者・内藤哲也のIWGPヘビー級選手権試合と中邑vs.棚橋戦をダブルメーンとし、テレビ朝日「ワールドプロレスリング」を通じて、ファンの投票で2試合の試合順序を決めるというドームPR戦略を実施した。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 599文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

ブラジルW杯 対戦国研究。

Sports Graphic Number 844

ブラジルW杯 対戦国研究。

 

関連記事

中邑真輔
棚橋弘至
オカダ・カズチカ
内藤哲也

プロレスの前後の記事

ページトップ