SCORE CARDBACK NUMBER

注目興行をずらりと並べ、
押せ押せムードの新日本。
~G1最終戦は西武ドーム開催に~ 

text by

門馬忠雄

門馬忠雄Tadao Monma

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2014/02/01 08:10

注目興行をずらりと並べ、押せ押せムードの新日本。~G1最終戦は西武ドーム開催に~<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

新日本ブームの立役者・オカダが2013年プロレス大賞で2年連続のMVPを獲得した。

 新春恒例の1・4東京ドーム大会で3万5000人の観客動員数(主催者発表)を記録した新日本プロレスが、2014年も押せ押せムードだ。

 大会中に発表された前半戦の興行日程からは、武藤敬司、蝶野正洋、橋本真也が熱かった“闘魂三銃士”時代の再現とばかりに、新日本の活況が見て取れる。

 まず、3月6日に行なわれる創立43年目の旗揚げ記念日大会は、新装された東京・大田区総合体育館に初進出。5月25日には11年ぶりの横浜アリーナ開催が決まり、夏のG1開幕戦は7月21日に北海道立総合体育センター・きたえーるで開かれる。そして、8月10日のG1クライマックス優勝決定戦の舞台が「埼玉・西武ドーム」と発表されると、満員の会場からは大きなどよめきが起こった。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

オカダ・カズチカ
後藤洋央紀

プロレスの前後のコラム

ページトップ