SCORE CARDBACK NUMBER

話題の映画が描く、
若き海外移籍の暗闇。
~“サッカー難民”になった少年~ 

text by

豊福晋

豊福晋Shin Toyofuku

PROFILE

photograph byDaisuke Nakashima

posted2013/12/19 06:00

話題の映画が描く、若き海外移籍の暗闇。~“サッカー難民”になった少年~<Number Web> photograph by Daisuke Nakashima

映画はスペイン各地で公開中。「リアリティがある」「時に残酷なほど」などの感想が。

 スペインサッカー界で一本の映画が注目を浴びている。

 今冬、スペインで公開された『Diamantes negros(黒いダイヤモンド)』は、アフリカのサッカー少年の海外移籍の暗部に迫ったドラマだ。

 クラブや代理人にとっては都合の悪い現実を切り取った内容が評価され、サッカー関係者やメディアの間で話題になっただけでなく、マラガ映画祭では観客賞も受賞している。

 内容はシリアスだ。マリの少年アマドゥとムッサに才能を見たスペインのクラブのスカウトは、彼らと契約しマドリードへ連れていく。少年たちは貧困から逃れたかに見えたが、差別、年齢詐称の強要、悪徳代理人など、様々な問題に引き込まれていく、というもの。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

久保建英
サミュエル・エトー

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ