フィギュアスケートPRESSBACK NUMBER

15歳の新星は練習の鬼で小心者?
宮原知子、ソチを胸に大一番に挑む。 

text by

野口美惠

野口美惠Yoshie Noguchi

PROFILE

photograph byAFLO SPORT

posted2013/12/14 08:01

15歳の新星は練習の鬼で小心者?宮原知子、ソチを胸に大一番に挑む。<Number Web> photograph by AFLO SPORT

村上佳菜子、今井遥よりも一世代下、15歳の宮原知子はまさに新世代の旗手。

小心者なのか、大物なのか。その不思議さが魅力。

 そして11月、2戦目のロシア杯では宮原の強靱さが発揮された。

「日本人の方の応援があって、緊張なくできて良かった」

 ショートは回転不足なし、フリーも「3回転ルッツ+3回転トウループ」と「ダブルアクセル+3回転トウループ」をクリーンに成功させた。ミスもあったが、全体的にスピードもあり十分にシニアで戦える内容だった。

「3-3を成功できたし、今季の課題でもある回転不足は、完全に失敗したジャンプ以外には無かったので良かった。夏に習ったことを取り入れて練習している成果だと思います」

 終わってみれば、村上と今井遥が本調子でなかったこともあり、日本女子の中でトップの5位。五輪代表争いにおいて好印象を与えた結果だった。

「日本女子の中で何位というのは考えて無いけれど、5位は嬉しいです。全日本はあまり順位を考えず、自分の出来ることをしっかりやるだけ。最後まで勢いよく滑りたいです」

 宮原としては最大限に勝ち気なセリフが口から出たが、「でも」とこう続けた。

「注目を集めるのはちょっと苦手で、記者会見とかは恥ずかしいです。演技の時も、自分を見てという風には思ってなくて、自分の満足いく演技をしたいです。でも拍手は嬉しいです」

 小心者なのか、大物なのか、その混沌とした不思議さが宮原の魅力でもある。そして何より、自分の弱さを認めて克服しようという意志の強さが、最大の武器になるだろう。

関連コラム

BACK 1 2 3 4
宮原知子
濱田美栄
ソチ五輪
オリンピック・パラリンピック

フィギュアスケートの前後のコラム

ページトップ