プレミアリーグの時間BACK NUMBER

吉田麻也の“辛抱”はいつまで続く?
最少失点で波に乗るサウサンプトン。 

text by

山中忍

山中忍Shinobu Yamanaka

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2013/11/23 08:01

吉田麻也の“辛抱”はいつまで続く?最少失点で波に乗るサウサンプトン。<Number Web> photograph by Getty Images

9月24日リーグカップ、ブリストルシティ戦に臨む吉田(左)と李忠成。今季吉田の公式戦出場はリーグカップ戦2試合にとどまっている。

「いわゆるビッグクラブ以外では最高」

 吉田にしろコークにしろ、更に辛抱が続きそうな点が、チームの好調とは裏腹に悩ましいところだ。今季レギュラー陣の自信は、去る9日の第11節ハル戦(4-1)後に「3位よりも上を狙える」というフォンテの発言からも分かるように最高潮。その上、ホームでハルを叩いたチームは、得点数アップの兆しすら見せ始めているのだ。

 ハル戦でのポチェッティーノは、アウトサイドでSBへのサポートを任せることの多い、ジェイ・ロドリゲスを2列目の中央で起用した。するとロドリゲスは、周囲のララーナとジェイムズ・ウォード・プラウズとのインターチェンジや、1トップのリッキー・ランバートを含めた小気味良いパス回しに絡んで、相手DFを完全に翻弄。リーグ戦では昨季3月以来となる、3得点以上を奪っての勝利に貢献した。

 今季のハルは、昇格組ながらも、中位につけているしぶとい集団だ。そのハルを率いるスティーブ・ブルース監督も完敗後に「いわゆるビッグクラブ以外では最高」と、より得点を意識したサウサンプトンを評している。

“セインツ(聖者)”の更新は続く。

 但し、言うまでもなく油断は禁物。選手層の限界が後半戦の失速につながった過去の例は、11月をトップ4で終えていながら結果は8位に終わった、昨季のウェストブロムウィッチだけではない。年明けの移籍市場では、まだ20代半ばで、イングランド代表入りを果たしたばかりのララーナとロドリゲス、U-21代表のルーク・ショーとウォード・プラウズという10代のSBとMFが、強豪による引抜きの対象になる可能性もある。ロドリゲス以外の3名はクラブ生え抜きだが、「自家製」にこだわる経営陣が売却を拒んでも、当人たちの心が揺れれば、チームのパフォーマンスに影響しないとも限らない。

 とはいえ、シーズン折り返し地点まで1カ月の現時点で、失速どころか加速さえ予想させるサウサンプトンは、「欧州」を夢見る権利は手に入れた。地元ファンが口にし始めた、「トップ4フィニッシュ」はさすがに難しいだろうが、今季のトップ6争いを演じる下地は出来つつある。最終的に単なる中位に落ち着いたとしても、3年前には3部リーグを戦っていた背景を考えれば、来春のサウサンプトン市街は、14位でプレミア残留を決めた昨季に続いて沸くに違いない。“セインツ(聖者)”こと、サウサンプトンの行進は続く。

関連記事

BACK 1 2 3
サウサンプトン
吉田麻也
マウリシオ・ポチェッティーノ
デヤン・ロブレン
ジョゼ・フォンテ
ジャック・コーク
モルガン・シュネイデルラン
ビクター・ワニャマ
アダム・ララーナ
ジェイムズ・ウォード・プラウズ
ハル
スティーブ・ブルース
ルーク・ショー

海外サッカーの前後の記事

ページトップ