日本代表、2014年ブラジルへBACK NUMBER

オランダを押し込んで2-2ドロー!
甦ったザックジャパンの“2つの顔”。
 

text by

二宮寿朗

二宮寿朗Toshio Ninomiya

PROFILE

photograph byTakuya Sugiyama

posted2013/11/17 12:10

オランダを押し込んで2-2ドロー!甦ったザックジャパンの“2つの顔”。<Number Web> photograph by Takuya Sugiyama

オランダ戦で1トップに抜擢され、すべての得点に絡む活躍を見せた大迫。Jリーグでも31節終了時点で18得点を記録している。

長友佑都「チームが一つにまとまっていたのは一番」

 長友佑都もこのように語る。

「チームが一つにまとまっていたのがきょうは一番。一人ひとりが最後までチームのために走って、地味なプレーでもしっかりつぶすところをつぶしていた。妥協しないということをやれたことが大きかった」

 選手たちもそれぞれに苦しんだからこそ、気持ちを一つにできた。紆余曲折を力に変えられた。そんな風にも聞こえてくる。

 さて、日本が中2日で対戦する次の相手はFIFAランクでオランダを上回る5位のベルギーである。アザール、フェライニらを擁するタレント集団はW杯予選をこちらも無敗で勝ち上がっている強豪だ。14日の親善試合でコロンビアに0-2で敗れており、ホームで2試合続けて低調な試合は許されない。本気度を高めて日本を迎えるだろう。

 長友は「次の試合で(きょうのことを)活かせなかったら意味がない。次の試合が勝負だと思う」と気を引き締める。これもまたチームみんなの共通した思いだ。

 息を吹き返したザックジャパン。しかし勝利を手にしたわけではない。強豪から勝ちを得てこそ、「芯」は迷いなき金科玉条となる。

 ブラジルW杯に向けて希望を大きくするか、それとも小さくなるのか。すべては2013年を締めくくるベルギー戦に懸かっている。

関連記事

BACK 1 2 3 4 5
アルベルト・ザッケローニ
大迫勇也
内田篤人
長谷部誠
本田圭佑
吉田麻也
長友佑都
遠藤保仁
香川真司
柿谷曜一朗
西川周作
岡崎慎司
山口蛍
ブラジルW杯
ワールドカップ

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ