SCORE CARDBACK NUMBER

ベッテルの連勝記録挑戦と
激化する団体戦2位争い。
~今季F1・ラスト2戦のポイント~ 

text by

今宮純

今宮純Jun Imamiya

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2013/11/16 08:00

ベッテルの連勝記録挑戦と激化する団体戦2位争い。~今季F1・ラスト2戦のポイント~<Number Web> photograph by Getty Images

メルセデス、フェラーリ、ロータスの団体戦2位争いはチーム全体の総合力がカギを握る。

 60年ぶりとなる大記録挑戦にS・ベッテルが意欲を見せている。インドGPでドライバーズとコンストラクターズの2冠を同時に獲得し、アブダビGPでは7連勝を達成。'04年のM・シューマッハーの記録と並んだ。

 連勝最多は、F1草創期の'52~'53年にかけて、イタリア人のA・アスカリが“9連勝”を記録している。当時、彼は34歳で、名門フェラーリ不動のエース。シューマッハーも35歳での7連勝で、同じくフェラーリだった。一方、ベッテルは26歳、またレッドブルは結成わずか8年である。先達に比べ、彼らの強さがあらためて光る。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 649文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

Baseball Final 2013~東北楽天、9年目の結実~

関連記事

セバスチャン・ベッテル
レッドブル
ミハエル・シューマッハー
メルセデスAMG
フェラーリ
ロータスF1チーム
ルイス・ハミルトン
キミ・ライコネン

F1の前後の記事

ページトップ