沸騰! 日本サラブ列島BACK NUMBER

ジェンティルへの挑戦権をかけて。
二冠マンボが挑むエリザベス女王杯。 

text by

島田明宏

島田明宏Akihiro Shimada

PROFILE

photograph byEiichi Yamane/AFLO

posted2013/11/09 08:01

ジェンティルへの挑戦権をかけて。二冠マンボが挑むエリザベス女王杯。<Number Web> photograph by Eiichi Yamane/AFLO

確実に伸びる末脚でオークス、秋華賞を制したメイショウマンボ。11月10日、鞍上の武幸四郎は指を3本立てることができるだろうか。

GI100勝がかかる武豊はあの馬で挑む。

 ほかに穴っぽいのは、休み明けのオールカマー6着、つづく府中牝馬ステークス9着と着順こそ冴えないが、ともに2馬身しか負けておらず、ここが叩き3戦目となるハナズゴール(4歳、父オレハマッテルゼ、美浦・加藤和宏厩舎)か。行きたがるところがあるので距離が長い気もするが、鞍上は、掛かる馬を宥めて数々の大レースを制してきた武豊だ。周りに馬を置きやすい内目の6番枠を利用して折り合いをつけてしまえば、ジェンティルを負かしたチューリップ賞のような末脚で突き抜ける可能性は大いにある。

 ということで、結論。

◎メイショウマンボ
○ヴィルシーナ
▲ホエールキャプチャ
△ディアデラマドレ
△デニムアンドルビー
×ハナズゴール

 ◎を軸とした馬連と、◎○の2頭軸の3連複で勝負。

 今回もまた、トリガミ御免、の予想になってしまった。

関連記事

BACK 1 2 3 4
ジェンティルドンナ
ヴィルシーナ
メイショウマンボ
角居勝彦
デニムアンドルビー
ディアデラマドレ
ラキシス
オールザットジャズ
ホエールキャプチャ
武豊
ハナズゴール

競馬の前後の記事

ページトップ