プロ野球亭日乗BACK NUMBER

楽天日本一の“陰のMVP”則本昂大。
マー君の有終を支えたルーキー右腕。 

text by

鷲田康

鷲田康Yasushi Washida

PROFILE

photograph byNaoya Sanuki

posted2013/11/04 12:10

楽天日本一の“陰のMVP”則本昂大。マー君の有終を支えたルーキー右腕。<Number Web> photograph by Naoya Sanuki

優勝トロフィーを掲げてメディアへアピールする田中や美馬と一緒に、喜びを爆発させていたルーキーの則本(左)。

楽天優勝の“陰のMVP”こそ則本ではないか!

 万全を期して第6戦に先発した田中が、まさかの連勝ストップで、巨人に逆王手をかけられた第7戦。もちろん星野監督が最後に頼りにしたのは、このルーキーだった。

 7回から好投の美馬学の後を受けて2番手でマウンドに。2回を2安打、3奪三振で抑えて無失点で田中へとバトンを渡した。一番大変なところを乗り切って、最後はこのシリーズが日本での最終登板となるとウワサされる先輩投手に花道を譲った。そう考えると、最後に球場を包んだ“マー君コール”は、このルーキー右腕の獅子奮迅の献身によって演出されたものだったのである。

「最後に3点差ではなく1点差でも田中投手を登板させましたか?」

 日本一を達成した記者会見。こうたずねられた星野監督は、苦笑いを浮かべてかぶりを振った。

「いや、登板させなかったですね。そのときは則本を続投させていた」

 前日に160球を投げ完投した田中の投入は、あくまでファンサービスだった。

 最後の最後にチームの命運をかけて指揮官が送り出したのは、絶対エースと呼ばれた田中ではなく、実はこのルーキー右腕だったというわけである。

 シリーズMVPは第3戦と7戦に先発して2勝を挙げた美馬の頭上に輝き、楽天から選ばれた優秀選手賞は田中と銀次が受賞して、則本は何の賞も手にすることはできなかった。

 それでももし“陰のMVP”というものがあるとすれば――それは間違いなく則本だ。

 ただひたすら勝利のためにマウンドに立ち続けたこのルーキー右腕には、惜しみない拍手と祝福を送りたいと思う。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

東北楽天ゴールデンイーグルス
読売ジャイアンツ
星野仙一
原辰徳
田中将大
則本昂大
美馬学

プロ野球の前後のコラム

ページトップ