REVERSE ANGLEBACK NUMBER

「2+2+2=1」だった天皇賞・秋。
シルバーコレクターたちの大金星。 

text by

阿部珠樹

阿部珠樹Tamaki Abe

PROFILE

photograph byKYODO

posted2013/10/30 10:30

「2+2+2=1」だった天皇賞・秋。シルバーコレクターたちの大金星。<Number Web> photograph by KYODO

ジャスタウェイは1番人気、GI4勝のジェンティルドンナに4馬身差をつける圧勝。福永は菊花賞に続き、2週連続のGI制覇となった。

 日曜の夜、テレビを見ていたら、「あまちゃん」のミス北鉄が出ていた。ミス北鉄はこっちでは数学科の女子大生という役で、その能力を生かして難事件の解決を手伝うというなんだか聞いたようなストーリー。橋本愛はとても数学ができそうに見えないのがかわいい。

 しかし、このドラマの女子大生でも、今年の天皇賞・秋で示された数式はなかなか解けないだろう。なにしろ2+2+2=1というなぞめいた数式なのだ。

 説明しよう。最初の2は勝ったジャスタウェイを表し、2番目の2はその父ハーツクライ、そして第3の2は騎乗した福永祐一を示している。そしてこの3つの2を合計した力が1着をもぎ取った。

 なぜ3つの2なのか。競馬ファンならくどくど説明する必要はないだろう。ジャスタウェイは2着が大好物の馬。天皇賞の前の3つのレースはすべて2着。去年の毎日王冠も2着。さらにさかのぼればデビュー2戦目で1番人気に推された2年前の新潟2歳ステークスも2着。15戦して2着が5回もある。それもすべて重賞レースだ。そのおかげで勝ち星は新馬とアーリントンカップだけだが、常に重賞戦線をにぎわせている。もちろん2着が好きというわけではなく、勝ちきれない不運に身もだえする運送屋、つまり2(荷)で苦労する男なのだが。

自身に加え、父、鞍上も2着の多いトリオだった。

 それも、父から受け継いだ血のせいかもしれない。第2の2、ハーツクライも名うてのシルバーコレクターだった。有馬記念でディープインパクトを破る大金星をあげたが、本来は2着が役どころ。ダービーではキングカメハメハの2着。宝塚記念では牝馬スイープトウショウの後塵を拝し、ジャパンカップではアルカセットに騎乗したフランキー・デットーリのマジックにハナ差屈した。

 種牡馬になってからもダービー、神戸新聞杯、菊花賞と3回つづけてオルフェーヴルの2着になったウインバリアシオンのような産駒を出している。2につきまとわれた家系である。

 それに比べると第3の2、福永祐一はオークス3勝をはじめ、多くのGIを勝っており、2着男と呼ぶのは気の毒な気もする。しかし、皐月賞で2着3回、今年のダービーでもほぼ勝ったと思われたエピファネイアがキズナに差されるなど、牡馬クラシックや天皇賞のような男くさいGIでは今一歩勝ちきれなかった(菊花賞を勝つ先週までの話だが)。

【次ページ】 「あと一歩」を打破する、たったひとつの冴えたやりかた。

1 2 NEXT
ジャスタウェイ
福永祐一

競馬の前後のコラム

ページトップ