野球クロスロードBACK NUMBER

楽天vs.巨人、「シリーズ男」は誰だ?
カギは4番の力を引き出すこの“2人”。 

text by

田口元義

田口元義Genki Taguchi

PROFILE

photograph byNanae Suzuki

posted2013/10/28 12:00

楽天vs.巨人、「シリーズ男」は誰だ?カギは4番の力を引き出すこの“2人”。<Number Web> photograph by Nanae Suzuki

2007年から主将を務める阿部。今年はWBCでも主将、4番、正捕手を務め、シーズンでは32本塁打を記録した。

中軸の破壊力を増幅させる岡島の打撃意識。

 見せ場は2打席あった。先頭で迎えた6回の第3打席。2球目のストレートをレフト前に運び、3番・銀次の先制タイムリーを演出。7回の第4打席では、2死二塁から7球目のスライダーをショート最深部にしぶとく転がして出塁し、続く藤田一也の執念のタイムリー内野安打を生んだ。

 積極性と粘りの姿勢。異なる特性が絶妙に融合することで、相手投手はより混乱する。岡島のフレキシブルな打撃意識が、中軸を打つ銀次、ジョーンズ、マギーの破壊力をさらに増幅させるに違いない。

 東京ドームで迎える3連戦を前に巨人の原辰徳監督は、2試合で7安打と沈黙する打線に「ひと巻き、ふた巻きした状態で戦いたいと思います」と期待を寄せる。楽天の星野仙一監督も、2戦で計18安打ながらも不満げな表情を見せ、「おそらく、打線が爆発してくれるでしょう」と奮起を促す。

 打ち勝つ野球。それを実現させるのは、阿部の存在感か岡島の変幻自在の打撃か――。

「シリーズ男」を生み出すであろう彼らが、最終決戦の趨勢を決める。

関連記事

BACK 1 2 3
読売ジャイアンツ
東北楽天ゴールデンイーグルス
田中将大
阿部慎之助
原辰徳
星野仙一
村田修一
嶋基宏
則本昂大
岡島豪郎
銀次
菅野智之
藤田一也

プロ野球の前後の記事

ページトップ