SCORE CARDBACK NUMBER

王国帰りのトライハンター、
山田章仁が迎えた“開幕”。
~NZ仕込みの激しさを発揮せよ~ 

text by

大友信彦

大友信彦Nobuhiko Otomo

PROFILE

photograph byNobuhiko Otomo

posted2013/09/30 06:01

王国帰りのトライハンター、山田章仁が迎えた“開幕”。~NZ仕込みの激しさを発揮せよ~<Number Web> photograph by Nobuhiko Otomo

キヤノン戦はノートライと不発に終わった山田。日本代表ウイングの定位置争いにも挑む。

「最後の方は、ちょっと焦ってしまいましたね……」

 9月7日、ようやく秋の気配が訪れた東京・秩父宮ラグビー場で、山田章仁は小さく唇を噛んだ。トップリーグ開幕第2節。その夜、3季ぶりの王座奪回を目指すパナソニックは、昇格2年目のキヤノンに18対23で思わぬ苦杯を嘗めたのだ。

 キヤノンは初戦で、昨季2位の東芝に8対10と肉薄する戦いを演じていたが、「あまり相手のことを考えすぎないで、普通に試合に入っていったんですが、相手も力をつけているし……そんなにネガティブには捉えていません」と山田は明るく振る舞った。それは、昨季のトップリーグトライ王が、この半年の経験で培った行動だったかもしれない。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 625文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

時代を動かす5人の戦術家。~EUROPEAN FOOTBALL 2013-2014~

関連記事

山田章仁
藤田慶和
パナソニックワイルドナイツ
キヤノンイーグルス

ラグビーの前後の記事

ページトップ