Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

<悲劇から20年、指揮官として> 森保一×高木琢也 「監督に必要なことは、オフトとドーハが教えてくれた」 

text by

金子達仁

金子達仁Tatsuhito Kaneko

PROFILE

photograph byTakuya Sugiyama

posted2013/10/24 06:01

<悲劇から20年、指揮官として> 森保一×高木琢也 「監督に必要なことは、オフトとドーハが教えてくれた」<Number Web> photograph by Takuya Sugiyama

高木琢也(左)と森保一。

就任1年目にしてJ1優勝を経験した元ボランチと
JFL昇格組のチームを躍進させている元ストライカー。
'93年の代表メンバーの中で指揮官として独自の道を歩みながら
結果を残している2人が語る“あの日”の意味とは――。

 広島県安芸高田市にある吉田サッカー公園は、広島市内に住む小中学生が気軽に行ける場所ではない。

 たどりつくために必要な時間と距離は、ちょっとした旅と言っても差し支えがないほどである。

 だが、もし可能なのであれば、サッカーを愛する多くの小中学生には、ぜひともこの“小旅行”の経験をお勧めしたい(なんだったら、大人も)。旅自体は人生のために何の役にも立たないこと請け合いだが、そこで行なわれているサンフレッチェ広島のトレーニングは、お金を払ってでも見る価値があるからである。

 特別なメニューがあるわけではない。素晴らしく斬新だったり革命的だったり驚異的だったり、誰も見たこともやったこともないような練習が行なわれている……わけでもない。

 見るべきは、細部にまでちりばめられた志にある。

 サイドバックがボールを持った。相手FWが寄せてきたのでGKに戻す。通常、ほぼ100%のGKがクリアを選択する場面で、サンフレッチェのGKたちはつなぐことを選ぶ。ユース時代、自らFKを蹴っていたという、つまりはキックに絶対的な自信を持っている日本代表GK西川周作だけではなく、控えのGKたちも同じことをしていた。自陣深いところではリスクを冒すべきではないというサッカーのセオリーからすると、完全に道を外れたやり方である。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 5507文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

ドーハの悲劇、20年目の真実。

Sports Graphic Number 839

ドーハの悲劇、20年目の真実。

 

森保一
高木琢也
V・ファーレン長崎
サンフレッチェ広島
ハンス・オフト

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ