Sports Graphic NumberBACK NUMBER

<W杯予選、土壇場での涙> 世界の“悲劇集” ~フランス/オーストラリア/中国/カメルーン~ 

text by

粕川哲男

粕川哲男Tetsuo Kasukawa

PROFILE

photograph byKoji Asakura

posted2013/10/28 06:00

<W杯予選、土壇場での涙> 世界の“悲劇集” ~フランス/オーストラリア/中国/カメルーン~<Number Web> photograph by Koji Asakura

“決めれば出場”のPKを得たカメルーンだったが……。

 さらにアフリカでは5大会連続6度目の予選突破を目指したカメルーンが、最終戦で“まさかの結末”に遭遇した。'05年10月8日、首都ヤウンデで最終のエジプト戦に臨んだカメルーンは、この試合に勝てば、勝点1差で2位につけるコートジボワールの結果に関係なく出場を決められた。20分にドゥアラが先制に成功。しかし、79分に追いつかれる。引き分けのままではコートジボワールに出場権を奪われてしまう。絶対に勝利が必要だった。

 時計の針が進み、焦りが募るなかロスタイムにビッグチャンスが訪れる。オレンベがペナルティエリア内で倒され、PKが与えられたのだ。決めれば予選突破。勝利を信じて疑わないスタジアムは歓喜に包まれた。ところが、ウォメの一撃はポストを直撃。直後に試合終了のホイッスルが鳴り、W杯出場は露と消えてしまった。

 サッカーに悲劇はつきものだ。ほんのワンプレーだけ耐えればつかめたW杯初出場が零れ落ちてしまった、“ドーハの悲劇”はなかでも劇的な一戦なのかもしれない。

※Number839号掲載本文において、ジノラの引退時期に関して一部事実誤認があり、
該当箇所を削除いたしました。

ドーハの悲劇、20年目の真実。

Sports Graphic Number 839

ドーハの悲劇、20年目の真実。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ