SCORE CARDBACK NUMBER

欧州VからNBAの頂点へ。
パーカーが狙う昨季の雪辱。
~スパーズを牽引するフランス人~ 

text by

宮地陽子

宮地陽子Yoko Miyaji

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2013/10/22 06:00

欧州VからNBAの頂点へ。パーカーが狙う昨季の雪辱。~スパーズを牽引するフランス人~<Number Web> photograph by Getty Images

母国フランスを欧州選手権優勝に導いたパーカー(右)。勢いをスパーズの開幕ダッシュへと繋げたい。

 トニー・パーカー(サンアントニオ・スパーズ)は、若くしてNBA優勝を経験した好運な選手だ。NBA2シーズン目の'03年、21歳のときに、ベテラン選手たちに引っ張られるように初優勝。その後'05年、'07年にも優勝し、'07年にはファイナルMVPも獲得した。

 一方でフランス代表としては、なかなか頂点を経験できなかった。パーカーの年代のフランスは黄金世代と呼ばれ、NBAチームに所属する選手も多い(昨季の開幕時にはアメリカ以外の国で最多の10人)のだが、強豪揃いのヨーロッパでは優勝に手が届かずにいた。2年前のユーロバスケット(欧州選手権)では決勝まで進んだが、「それだけで喜んでしまって」(パーカー談)、決勝ではスペインに大差で敗れた。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 574文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連コラム

サンアントニオ・スパーズ
トニー・パーカー

バスケットボールの前後のコラム

ページトップ