SCORE CARDBACK NUMBER

未完の大器、ウォールが
迎えた正念場のシーズン。
~NBA4年目、ウィザーズを高みへ~ 

text by

宮地陽子

宮地陽子Yoko Miyaji

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2013/11/01 06:00

未完の大器、ウォールが迎えた正念場のシーズン。~NBA4年目、ウィザーズを高みへ~<Number Web> photograph by Getty Images

現地メディアの報道には、ウォール本来の才能の「開花」「証明」を期待する言葉が躍る。

 ジョン・ウォールは今でも、あの朝かかってきた電話を覚えているという。16歳の時、高校の一軍メンバーが発表された日、先に学校に着いて結果を見た親友からの電話だった。

「お前、チームから落とされたぞ」と言われ、てっきり、からかわれているのかと思った。しかし学校に行ってみると、本当に、合格者リストに自分の名前がなかったのだ。当然入ると思っていただけに、青天の霹靂だった。

「今から思うと、あの時に落とされてよかった。あの悔しさが今もモチベーションになっている」とウォールは振り返る。

 その悔しさを胸に、その後転校した先の高校で活躍し、全米でもトップクラスの有望選手と認められるまでになった。名門ケンタッキー大に進学し、'10年のNBAドラフトでは、トップ指名でワシントン・ウィザーズに入った。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 558文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

本命4カ国 最強の法則。~WORLD CUP BRAZIL 2014~

関連記事

ジョン・ウォール
ワシントン・ウィザーズ

バスケットボールの前後の記事

ページトップ